top of page
  • 執筆者の写真Ninomiya Clinic

おたふくかぜワクチン

R5.1.29~ WEB予約可能となりました!


任意接種であり、出水地区は接種率はあまり高くありませんが、非常に大切なワクチンです。地区によっては補助金があるくらい重要視されています。



【おたふくかぜ】(流行性耳下腺炎・ムンプス)

・症状・・・・高熱、耳の下から頬にかけてあたりの腫れや痛み

・合併症・・・髄膜炎、難聴、精巣炎による不妊など

・潜伏期間(感染から発症までの期間)・・・2-3週間程度

・出席停止(学校保健法)・・・腫れが出現して5日以上経過し、全身状態が安定するまで



同じような場所が腫れる感染症はほかにもあるため、紛らわしいこともあります。血液で抗体価を調べることで診断確定できますが、発症早期は血液検査に現れにくかったり、採血から結果判明まで5日以上要したりと、万能ではなく一般的でもありません。


ぜひ、ワクチンによる予防をしましょう。



<おたふくかぜワクチン>

2回接種によりおたふくかぜに対して高い予防効果を発揮します。

また、仮に感染した場合にも、ワクチンで免疫がついている方が合併症を抑える効果も期待できます。


・任意接種です  当院は5000円:税込み

・現在の学会推奨スケジュール

1回目:1歳超えてから

2回目:年長で


 ※年長以降でも接種は可能です。スケジュールについては医師にご相談ください。

 ※年長以降で初回接種の場合、WEB予約ができません。受付かお電話でご予約ください。

閲覧数:287回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新しいワクチンが定期接種に導入されます

令和6年4月1日から2つの新しいワクチンが定期接種に導入となります。 ①五種混合ワクチン これまで四種混合ワクチン(破傷風、ジフテリア、百日咳、ポリオ)でしたが、ここに、ヒブワクチンが加わったことで5種類の疾患に1本の注射で対応するようになりました。 お子さんとって生後2か月からの注射が1本減らせたことはかなり大きいと思います。 スケジュールは、生後2か月から開始して全部で4回接種します。 【ご注

Comments


bottom of page