top of page
  • 執筆者の写真Ninomiya Clinic

四種混合ワクチンスケジュール変更

四種混合ワクチンについて、接種スケジュール変更のお知らせです。


四種混合とは、ジフテリア・破傷風・百日咳・ポリオの4つの疾患に対する免疫を付けられるワクチンです。


これまで、他のワクチンと異なり生後3か月からスタートとされていましたが、2023年4月からは生後2カ月からへ前倒して接種可能となります。



これにより、ワクチンデビューでの接種本数は5本が標準的(うち1本は飲み薬で、注射は4本)になり、当院が提案するスケジュールも変更になってきます。



おそらく近い将来、この四種混合にヒブワクチンが追加となることで五種混合となり、いっぺんに行う注射本数は1つ減ってくる見込みです。



「こんなにたくさん小さな子に接種して大丈夫!?」と不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、海外もこのスケジュールの国が多く、さらに髄膜炎菌ワクチンまで加えて1つ多い国もあります。


複数本同時接種は小児科学会含め世界中で推奨されているものであり、メリットは少しでも早くワクチンによる免疫を付けることと、受診回数を減らせることです。複数本同時接種をすることで副反応のリスクが増えることはないとされています。



もちろん、ご不安に応じて「1回につき2-3本までにしたい」など接種本数を減らすことも可能です。ご希望の場合は受診時にスタッフまでお申し出ください。

閲覧数:120回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新しいワクチンが定期接種に導入されます

令和6年4月1日から2つの新しいワクチンが定期接種に導入となります。 ①五種混合ワクチン これまで四種混合ワクチン(破傷風、ジフテリア、百日咳、ポリオ)でしたが、ここに、ヒブワクチンが加わったことで5種類の疾患に1本の注射で対応するようになりました。 お子さんとって生後2か月からの注射が1本減らせたことはかなり大きいと思います。 スケジュールは、生後2か月から開始して全部で4回接種します。 【ご注

Comments


bottom of page